本屋

列車に乗って隣りの町にやってきた。

ここは再開発があまりされてなく、昭和の感じがかなり残っている。

放置されて朽ちてしまった建物も多い。

そんな町並みの中で、新しい建物も混在していたりするので、不思議な感じになる。

 

しばし町を散策して目的のお店に着いた。

ビルの片隅にひっそりとお店はあった。

扉を開けると、小さめの店内にたくさんの本と、様々のオブジェが飾られていた。

椅子が4脚あって、お客は二人組の女性と、若い男性が一人、本を読んでいた。

奥から店主が現れて、お店のシステムを説明してくれた。

1時間ワンドリンク付きで、お店の本が全て見れるようだ。

目の前の棚の上には、沢山の写真集が積まれている。

事故で亡くなった人の写真集、シャム双生児の写真集、自殺した人の写真集、重症精神病棟の写真集、戦争で亡くなった人の写真集・・・etc。

店主が一冊づつ、全て説明してくれた。

写真集を2冊手に取って椅子に腰かけ、昔のサーカス小屋の写真集を眺めながら、マスカットジュースを口に運んだ。

 

しばらくしたら、店主が若い女性客に、店内の展示品の説明を始めた。

本物の髪を使って作られた人形、人の大腿骨で作られたラッパ、目玉が左右に動く人形、動物の脳味噌を食する時に使うスプーン・・・etc。

奥から持ってきた包みの中身は、人の皮をなめした表紙の聖書、300年前の物だと仰ってる。

説明を聞いていた女性はハッと息を呑んで、この聖書を見る為に石川県からやってきたという。

 

私も一様に説明を受けたが、エログロの不快な感覚はあまり無い。

ただ人間が持つ好奇心と、なんとなく秘められた空間の感じが心地よい。

やはり、ここは不思議で楽しい町だ。

f:id:maderon:20200224155452j:image
f:id:maderon:20200224155457j:image

 

 

 

 

2月11日午後2時過ぎ

本日は風も無く、快晴。

映画も終わって昼食を取るために、近くの公園にやって来た。

この冬から公園にお目見えした、透明のドーム。

みんなそれぞれに、気持ち良さそうに過ごしてる。

残念ながら全て使用されていたので、公園のベンチに腰かけて昼食にした。

先日実家に帰った際に持って帰っていた、サーモスのスープジャーに、たっぷりの野菜とベーコンのコンソメスープを入れてきた。

それにピーナツバターにバナナをはさんだホットサンドとミルクコーヒー。

クツを脱いで足を伸ばし、スープを飲んだ。

まだ熱々。

そんなこんなでくつろいでいたら、ドームからカップルが出て行ったので、移動する。

おお!あったかい!

人間ダメになりそう・・・

そんなこんなで今はドームの中にいる。

f:id:maderon:20200211143454j:image

 

2020

今年は新年から暖かい日々が続く。

元旦から自転車に乗って川沿いを海まで下る。

二つの川の間を通る、自動車は入ってこない一本道。

身体も温まってきたので、ジャケットを脱いで、重ねていた手袋を一枚外した。

海まで、後4.5km。

f:id:maderon:20200105234133j:image
f:id:maderon:20200105234340j:image
f:id:maderon:20200105234345j:image

師走

さて早いものでもう12月です。

だから何かすると言うこともなく、日常は続いています。

初めて作ったナポリタンは、思ったより美味しかった。

初めてのピクルス作りは、上手くいっただろうか?

明日が楽しみ!

 

そこのあなた、師走だからって忙しくしてると、死神が背後からついてくるそうですよ。

 

f:id:maderon:20191201220029j:image
f:id:maderon:20191201220033j:image
f:id:maderon:20191201220036j:image

 

不思議果実

時々訪れる、郊外にある道の駅。

野菜が新鮮で、種類も豊富で、価格も安いので行く度にワクワクする。

その中に見慣れない果実を見つけた。

キワーノ?

見た目はトゲがあって、表皮も硬そうで、甲殻類ぽい。

説明書きによると、淡白で無味に近いらしい。

とりあえず一個買ってみた。

 

トゲに気を付けながら、果実に刃を入れてみると、瑞々しい緑色で種がたくさん入っていた。

味見してみると、確かに味はあまり感じない。

さて、どうして食べてみるものか?

昨日作っていた、ゼリーにかけて食することにした。

後になってインターネットで調べてみたら、もう少し追熟もさせて、食するのが良かったみたい。

半分に切った先から、色目が変わっていったので、残り半分も早めに食べた方がいいみたい。

今度はヨーグルトに添えてみるか。

f:id:maderon:20191013082347j:image


f:id:maderon:20191013082746j:image


f:id:maderon:20191013084306j:image

輪行について

朝5時30分にセットしていた目覚ましを止め、身支度を整える。

窓の外に目をやると、空は薄っすらと明るくなってきている。

日の入りの時間帯はいつも青い感じだけど、今朝はなんだか、まるで夕方の様に橙色。

始発の電車に乗って海に面した町を目指す。

 

始発の電車と言うものは、どちらの場所に行っても乗車客が意外と多い。

早朝練習の為に早起きした学生、仕事に出掛ける人々。

観光客などは少なく、生活の足として始発便を利用している人が多い。

前後の車輪を外して、専用の輪行袋に自転車を収めても、輪行という行為は、周りには大きくて邪魔な存在。

とてもじゃないが、通勤ラッシュの時なんて無理だろう。

指定席を取っていない在来線の場合は先頭車両か、最後尾の車両の空きスペースに輪行袋を置いて、出来るだけ邪魔にならない様に心掛ける。

1時間半弱で、目的の駅に到着。

ホームから外に出ると、なんだかワープでもした様な、得した気分になる。

ここから九州最東端の灯台を目指す。

f:id:maderon:20190916135641j:image


f:id:maderon:20190916135629j:image