Typhoon

朝夕めっきり涼しくなってきたと思いきや、日中スクーターで出掛けると、思ったより暑い。

というか、蒸し暑い。

台風の影響だろうか。

午前10時、「灰とダイヤモンド」を鑑賞。

たぶんこの映画を見るのは初めて。

 

昼からは部屋に戻って、床に座り壁に上半身をあずけ、録画していた番組を何となく観て過ごした。

ソファを買う予定にしているが、なかなか色を決めきれないでいる。

沢山の生地の中から色を決められるのはうれしいが、選択肢が多すぎて決めきれないでいる。

ブルーにしようと考えていたが、ピンクの生地もいい感じでこちらでもいいのではと、考え直している。

いやいや、ベーシックなベージュ色の生地を選んだ方が無難だろうか・・・。

最近の一番の関心事はソファと照明。

そんなわけで、引っ越して半年過ぎても、夜は暗めの部屋で過ごし、床に座って食事をしている。

年内には部屋に欲しい。

台風が過ぎ去って青空が顔を出した空を、床に座って窓越しに見ていた。

f:id:maderon:20181006222737j:plain

 

暑中お見舞い申し上げます。

暑いぃぃぃ・・・。

なんて言ってたら余計に暑くなるから、やめた方がいいとはわかっていても、ついつい呟いてしまう。

宿泊先の夜の繁華街を闊歩する。

前回訪れた際に飛び込んだお店を探してるんだけど、見つからない・・・

40分以上探して諦めて、反対側の通りに出たら呆気なくお店が見つかった!

お店の方としばし雑談し、目当てのものをオーダーする。

焼きそばなんだけど、味付けはかなり変わってる!

エスニックな感じ?(かなり乱暴な説明だ・・・)

先ほどからお店のBGMが気になる。

お店の方に尋ねるとFISHMANSとの事。

「これかぁ・・・薦められていたFISHMANSって・・・」

そう随分前から名前は聞いていたんだ。

お店からamazonに注文する。

 

 

満足して再び真夏の夜を闊歩するが、暑い!暑い!

レトロな雰囲気にお店の前で立ち止まる。

魅惑のかき氷を案内する看板。

 

f:id:maderon:20180727090156j:image
f:id:maderon:20180727090150j:image

文月

f:id:maderon:20180701233403j:plain

なんとも興味深いボトル。

それにチャンピオンのTシャツは生地が厚くて、着心地がとてもいいんだな。

でも「安心院」と書いて「あじむ」と読ませるなんて、ちょっと強引過ぎない?

 

今日は梅雨の晴れ間と思っていたが、何度もやってきた通り雨のせいで出掛けにくい一日だった。

夕方、近所の中華店に出掛ける。

夕食にはちょっと早い時間帯だったが、お店はとても賑わっていた。

生ビールと八宝菜の定食をチョイス。

熱々で旨い!

新生活スタート

f:id:maderon:20180701234842j:plain

この春、縁があって生まれ育った街を外れて、海沿いの街に住むことになった。

これからの毎日を過ごす住まいだからこそ、たくさんの案件を見て回った。

 

古いマンションの最上階の角部屋。

南向きで窓が多いので、室内がすごく明るくて一発で気に入った。

 

ここから新しい生活が始まる。

新しい年

午前10時18分、自宅を出発。

川沿いの裏道を、何となく自転車ですすんだ。

今日はどこに出かけよう。

空は一面ミルク色。

気温も上がりそうになく、遠出する気にはなれない。

今日は寒さ対策の為、だいぶ着込んできた。

アウターに選んだ山用のダウンのベストはとても暖かく、直接肌に触れる部分にはメリノウールのシャツを着ているので、着心地がとてもよい。

 

今日は川沿いの道をそのまますすむ事にした。

しばらくは通ったことがある道だったが、その先は想像だけで道を選んでいく。

震災の影響か河川工事が多い。

家と家の間の人一人しかすすめないような道をすすんでいくと、また川沿いを走る事が出来た。

雲の合間から顔を覗かせた太陽が、水面に映ってとても美しい。

浅瀬でくつろいでいた白鷲が私に気づいて、一瞬背筋が伸びたと思ったら次の瞬間は水面を蹴って、飛んで行ってしまった。

 

ここに住んでいる人しか通りそうにない、車も入る事が出来ない川沿いの小さな路地。

誰にも使われてなさそうな、小さな公園を発見。

春になると見事な花を咲かせそうな桜の木があったが、どれだけの人に気づいてもらえるだろう。

 

袋小路の先に、パステルピンクの小さな素敵なアパートを見つけた。

自転車を止めて、2階の部屋から見える景色を想像してみる。

たぶん住んでいる人も、景色が気に入って決めたんじゃないかなと思ったりする。

気に入った景色の中で毎日の生活が出来るなんて、うらやましい。

素敵な家も見つけた。

シンプルなつくりだけど、あたりの景色ととても合っていた。

(自分だったら入り口のドアは違う感のモノを選ぶだろうな。でもこの景色にはこのドアがいいかも・・・)なんて思いながら。

玄関に猫のオブジェが見えた。

小さな路地を見つけたら寄り道しながら行くので、なかなか先にすすめない。

(あっ、また袋小路だった・・・)と思ったら、左にすすめる路地を見つけて、とても得意げになる。

昭和40年代、50年代ぐらいに建てられたと思う家もたくさんあった。

今の建物にはない、レトロな良さを感じる。

ずっと住んでいる町だけど、知らない発見がたくさんあった。

いつも車で通っていて何気なく見ていた小さな路地を、今日は散策する事ができてとても楽しかった。

 

しばしの現実逃避を終え、12時半過ぎに家に帰ってきた。

部屋に戻るとベットの上のシュラフの中で、ネコが寝ている。

シュラフのツルツルした生地の感じがいいのだろうか、お気に入りの場所のようである。

f:id:maderon:20180104232957j:plain

 

2017.12.31

光陰矢の如し。。

大晦日も終わりに近づき、多くの人々が紅白歌合戦を観ている時間帯。

新しい年を迎える準備をする。

今年は江口寿史氏のカレンダーが発売されず、わたせせいぞう氏に一年お世話になった。

一年ぶりに復活したカレンダー。

もうしばらくしたら、1月のイラストにしよう!

 

今年もたくさんのCDを買った。

CDラックに収納できなくなり、棚の上に重ねられたCDたち。

そのほとんどがアイドルたち(笑)。

いやはや・・・

 

いろいろあったような、なかったような一年。

一番変わった事は、今もとなりで寛いでいるあたらしい同居人。

来年もよろしく。

 

みなさまもどうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。

f:id:maderon:20171231191926j:plain

f:id:maderon:20171231192403j:plain

f:id:maderon:20171231192426j:plain

f:id:maderon:20171231192448j:plain

 

 

子猫が我が家にやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

先月の事、子どもがスマホの画面も見せてつぶやいた。

「この子猫、かわいいと思わん?」

「ああ・・・」

「かわいそうな事に飼っていた友だちが飼えなくなっちゃって、他の友だちのところに貰われちゃったんだけど、いろいろあって今 たらい回しにあってるらしい・・・」

「可哀そうやねぇ・・・」

「それで今月中に新しい飼い主が見つからないと、殺処分されるらしい」

「そりゃ可哀そうだ」

「ねぇ、家で飼っていい?」

「・・・」

「お母さんは買ってもいいって言ってくれているんだけど・・・」

 

すっかりはめられてしまった。

でも、ここ何年かネコを飼ってみたかったので、実は嬉しかったりもする。

名前は話しを持ってきた子どもが付けることになった。

「あずき。」

「白玉。」

「きなこ。」

全部食べ物じゃないか!

 

 

2週間前にとなりの町に住んでいる子猫を引き取りに行った。

ストレスから毛が抜けているところがあるらしい。

ゲージの中で弱々しく鳴いていた。

しばらくは怯えた感じだったけど、しばらくしたら助手席の友だちの膝の上でじっとしていた。

 

あれから2週間、新しい家にも慣れ、いろいろなものに好奇心を示している。

茶々丸!」

新しい名前も憶えてくれたみたい。

f:id:maderon:20170918232604j:plain