新しい年

午前10時18分、自宅を出発。

川沿いの裏道を、何となく自転車ですすんだ。

今日はどこに出かけよう。

空は一面ミルク色。

気温も上がりそうになく、遠出する気にはなれない。

今日は寒さ対策の為、だいぶ着込んできた。

アウターに選んだ山用のダウンのベストはとても暖かく、直接肌に触れる部分にはメリノウールのシャツを着ているので、着心地がとてもよい。

 

今日は川沿いの道をそのまますすむ事にした。

しばらくは通ったことがある道だったが、その先は想像だけで道を選んでいく。

震災の影響か河川工事が多い。

家と家の間の人一人しかすすめないような道をすすんでいくと、また川沿いを走る事が出来た。

雲の合間から顔を覗かせた太陽が、水面に映ってとても美しい。

浅瀬でくつろいでいた白鷲が私に気づいて、一瞬背筋が伸びたと思ったら次の瞬間は水面を蹴って、飛んで行ってしまった。

 

ここに住んでいる人しか通りそうにない、車も入る事が出来ない川沿いの小さな路地。

誰にも使われてなさそうな、小さな公園を発見。

春になると見事な花を咲かせそうな桜の木があったが、どれだけの人に気づいてもらえるだろう。

 

袋小路の先に、パステルピンクの小さな素敵なアパートを見つけた。

自転車を止めて、2階の部屋から見える景色を想像してみる。

たぶん住んでいる人も、景色が気に入って決めたんじゃないかなと思ったりする。

気に入った景色の中で毎日の生活が出来るなんて、うらやましい。

素敵な家も見つけた。

シンプルなつくりだけど、あたりの景色ととても合っていた。

(自分だったら入り口のドアは違う感のモノを選ぶだろうな。でもこの景色にはこのドアがいいかも・・・)なんて思いながら。

玄関に猫のオブジェが見えた。

小さな路地を見つけたら寄り道しながら行くので、なかなか先にすすめない。

(あっ、また袋小路だった・・・)と思ったら、左にすすめる路地を見つけて、とても得意げになる。

昭和40年代、50年代ぐらいに建てられたと思う家もたくさんあった。

今の建物にはない、レトロな良さを感じる。

ずっと住んでいる町だけど、知らない発見がたくさんあった。

いつも車で通っていて何気なく見ていた小さな路地を、今日は散策する事ができてとても楽しかった。

 

しばしの現実逃避を終え、12時半過ぎに家に帰ってきた。

部屋に戻るとベットの上のシュラフの中で、ネコが寝ている。

シュラフのツルツルした生地の感じがいいのだろうか、お気に入りの場所のようである。

f:id:maderon:20180104232957j:plain

 

2017.12.31

光陰矢の如し。。

大晦日も終わりに近づき、多くの人々が紅白歌合戦を観ている時間帯。

新しい年を迎える準備をする。

今年は江口寿史氏のカレンダーが発売されず、わたせせいぞう氏に一年お世話になった。

一年ぶりに復活したカレンダー。

もうしばらくしたら、1月のイラストにしよう!

 

今年もたくさんのCDを買った。

CDラックに収納できなくなり、棚の上に重ねられたCDたち。

そのほとんどがアイドルたち(笑)。

いやはや・・・

 

いろいろあったような、なかったような一年。

一番変わった事は、今もとなりで寛いでいるあたらしい同居人。

来年もよろしく。

 

みなさまもどうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。

f:id:maderon:20171231191926j:plain

f:id:maderon:20171231192403j:plain

f:id:maderon:20171231192426j:plain

f:id:maderon:20171231192448j:plain

 

 

子猫が我が家にやって来たヤァ!ヤァ!ヤァ!

先月の事、子どもがスマホの画面も見せてつぶやいた。

「この子猫、かわいいと思わん?」

「ああ・・・」

「かわいそうな事に飼っていた友だちが飼えなくなっちゃって、他の友だちのところに貰われちゃったんだけど、いろいろあって今 たらい回しにあってるらしい・・・」

「可哀そうやねぇ・・・」

「それで今月中に新しい飼い主が見つからないと、殺処分されるらしい」

「そりゃ可哀そうだ」

「ねぇ、家で飼っていい?」

「・・・」

「お母さんは買ってもいいって言ってくれているんだけど・・・」

 

すっかりはめられてしまった。

でも、ここ何年かネコを飼ってみたかったので、実は嬉しかったりもする。

名前は話しを持ってきた子どもが付けることになった。

「あずき。」

「白玉。」

「きなこ。」

全部食べ物じゃないか!

 

 

2週間前にとなりの町に住んでいる子猫を引き取りに行った。

ストレスから毛が抜けているところがあるらしい。

ゲージの中で弱々しく鳴いていた。

しばらくは怯えた感じだったけど、しばらくしたら助手席の友だちの膝の上でじっとしていた。

 

あれから2週間、新しい家にも慣れ、いろいろなものに好奇心を示している。

茶々丸!」

新しい名前も憶えてくれたみたい。

f:id:maderon:20170918232604j:plain

 

 

 

Negicco Tシャツ

あっという間に売り切れてしまったTシャツ。

欲しくて、欲しくて、オークションを覗いてみたりもしたけれど・・・。

そんな時に、投票で一番人気のTシャツが限定で復活するという、夢のような企画。

それでもって欲しかったTシャツが手に入る!って思ったら、サイズ違いで4枚も買ってしまった!

Tシャツ一枚で過ごせるうちにしっかり楽しまなくては。。

f:id:maderon:20170918225227j:plain

秋の気配

9月に入ってから朝夕が涼しくなった。

窓を開けると気持ちいい風が入ってくる。

台風も大した事なくて良かった。

f:id:maderon:20170918223608j:plain

f:id:maderon:20170918223813j:plain

f:id:maderon:20170918223832j:plain

 

真夏の夜の・・・

午前8時48分、新幹線に乗る。

目指すは食い倒れの町、大阪。

座席を見つけて、先ほどコンビニエンスストアで買っていたモルツプレミアムのプルタブをプシュッと開ける。

ゴク・ゴク・ゴクと飲み干すと、多幸感が増してくる。

(あー外は暑いだろうなぁ・・・)なんて思いながら。

 

新大阪駅から梅田駅に移動。

架橋下の古びた焼き鳥屋でハイボールを飲む。

焼き鳥がびっくりするほど小さい。

(1本当たりの価格は普通なので、何かの間違いでは・・・)なんて思ってしまう。。

 

せっかくだからと近くの町を散策。

今日のライブ会場に着いた頃は、汗びっしょり。

喉もカラカラ。。

近くの喫茶店でビールをいただく。

こう暑いとなんぼ飲んでも、飲み足りない。

 

もうすぐライブが始まる。

サイリウムライトは赤にセット。

ライブはいい感じで進んでいく。

空調が上手くいっていないのか、とても暑い。

まわりの多幸感に負けぬよう、サイリウムを振る。

それでも最後の方は疲れてきたのも事実・・・(笑)。

 

アンコールが始まる前、人波をかき分けて最後尾で休憩。

ドリンクバーで、ビールをオーダー。

最後尾の壁に身体をあずけ、ビールを飲みながらアンコールのステージを眺める。

色とりどりのサイリウムがとてもきれい。

 

いまさらながら、元の場所には戻れない。

大きな波に向かってパドリングをするサーファーには、今の自分はなれない。

この時点で私の真夏の夜のYUMELANDは終了。

 

帰りにお土産をいただいた。

5周年ありがとうござい升!

 

お後がよろしいようで・・・。

f:id:maderon:20170822214042j:plain

 

 

町が目覚める前に出掛けるのは気持ちがいい。

午前5時夜明け前、ハンドルに付けているヘッドライトのスイッチをオンにする。

シートステーに付けている後続車に知らせる為の赤いランプを点滅させる。

まだ車が少ない道路を自転車で走る。

朝の光は青い。

目覚めていない町を走っていると、とても得意げになってくる。

 

日中は30度をかるく超えてしまう毎日も、この時間帯は涼しい。

今日は80km先の町まで、丼物を食べに行く。

何事も目的がはっきりしていないと、嫌な性格なので。

 

気持ちよくペダルを漕いでいたら、目的の町に8時半には着いてしまった。(笑)

お店が開く11時まで、近くの公園の木の下のベンチで寝る事にした。

風が通って気持ちいい。

まずは先ほどコンビニエンスストアで買ってきた、アイスクリームとカルピスをいただいてから。

f:id:maderon:20170822205208j:plain

f:id:maderon:20170822205222j:plain