読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

悪夢の様なあの日からしばらくして玄関先の花が咲き始め、ここ10年位で一番の花を咲かせた。

壊れかけた家の中から少しづつ必要なものを運び出した。

花が全て散ってしまった頃、家の解体時期が決まった。

玄関先のツツジも新たな場所に植え直し、これをもって全ての作業が完了した。

先日から業者による家屋内のモノの分別が始まった。

あと何日かのうちに重機による本格的な解体が始まるだろう。

 

梅雨が明けてから、暑い日が続いている。

全ての窓とドアを外された家の中に心地よい風が通っていく。

あとしばらくしたら壊されてしまうなんて嘘のよう。

 

 

 

 

 

家 / ユニコーン

 

役所の人が現れて 親父と何か話してた

僕らの家はじゃまになるらしい

これで道路も広くなる 町のためさしょうがない

新しい家に住めることだし

 

僕らの家が新しくなる

僕らの家は新しくなる

 

生まれる前からここにある 昔は何色だったの

ボロボロだからみんな捨てようか

 

いすも机も柱も壁も

僕らの家は新しくなる

 

僕らの家が新しくなる

僕らの家が新しくなる

 

いすと机と柱と壁と

僕らの家はアスファルトの下

 

見知らぬ場所に座ってる 慣れないドアのそいつは

コンクリートでじょうぶな奴だよ

 

 

 

 

 

 

 

関心空間が終わってしまう・・・

 

インターネット上の思い出の品はどうやって運びだせばいいの

新しい住まいはどうすればいいの

今までの思い出はどうなってしまうの

みんなとのお別れの挨拶はどうすればいいの

 

 

 

 

 

 

 

家の画像

 

家の画像

 

家の画像