読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏がやってくる

朝、ホテルのベットで目覚める。

 

エアーコンディションは止めていたので、簡素な部屋に生温い空気だけが澱んている。

ベッドから出る事が出来ず、ブルーな気分のまま時間だけが過ぎていった。

12時間かけて山を越えてきたが、昨日の夜から体調が優れないままだ。

 

身支度を済ませ、小雨の中スタートする。

通り雨をやり過ごす時に、老夫婦が営むお店でソフトクリームを買った。

夏の通り雨で偶然立ち寄ったお店での休憩。

冷たいソフトクリームが美味しい。

 

峠道でペタルを踏めない。

呼吸は乱れ、額から胸元に流れる汗が止まらない。

昼は肉料理を無理やり胃袋に収めた。

顔が火照って集中力も低下している。

 

自走を諦めて友だちと別れ、輪行する事にした。

一番近い駅は「玉来駅」。

玉来は以前山女魚釣りで何度か訪れた事のある、小さな町だ。

国道57号線から旧道に入り、昭和の佇まいの商店街を進む。

人通りがない商店街の交差点を左折し、駅までの500Mの登り坂を駆けあがった。

 

無人駅で一人、輪行の準備に取り掛かる。

自転車のアクセサリー類を外し、前後の車輪を外し、フレームと車輪を袋に収める。

下を向いて作業を行うと、額からおびただしい汗が床に落ちた。

灰色のコンクリートの床に汗がしみ込んで、黒色に変わってゆく。

 

ホームに据え付けてある4連のグラスファイバー製の赤い椅子に、一人腰かける。

雲の合間から太陽が顔を出し、辺りがまぶしくなると目に映る景色がゆらゆらと揺れ始めた。

蝉がワシワシと鳴いている。

列車が来るまでもうしばらく時間がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎮守の森は ふかみどり 舞い降りてきた 静けさが

古い茶屋の 店先に 誰かさんとぶらさがる

ホーシーツクツクの 蝉の声です

ホーシーツクツクの 夏なんです

 

日傘くるくる ぼくはたいくつ

日傘くるくる ぼくはたいくつ

 

空模様の縫い目を辿って 石畳を駆け抜けると

夏は通り雨と一緒に 連れ立って行ってしまうのです

モンモンモコモコの 入道雲です

モンモンモコモコの 夏なんです

 

日傘くるくる ぼくはたいくつ

日傘くるくる ぼくはたいくつ

 

はっぴいえんど / 夏なんです

 

 

 

 

 

 

夏がやってくるの画像