読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初夏のツーリング

午前7時。

快晴。

南の風。

風量2。

もう初夏と言っていいだろう。

120km先のフェリー乗り場を目指し、風を味方につけ快調にペタルを回す。

田植えの時期を迎えて水がはられた水面に、山が映っている。

山々は新緑の季節を迎え、濃さを増している。

湾岸道路沿いの海は、波は無く穏やかだ。

時々、風が潮の香りを運んだ来る。

無料の自動車専用道路が出来た為、今走っている国道266号線にはほとんど車がいなかった。

私は初夏の季節がとても好きだ。

 

この季節になると聴きたくなる音楽を流すために、コンパクトスピーカーをバッグから取り出し、ハンドルに取り付けて電源を入れる。

1982年の6月に発表されたユーミンの「パール・ピアス」。

このアルバムを聴くと、瞬く間に当時に戻る事が出来る。

高校一年になった私はまだ新しい環境に慣れずにいた。

トレンドセッターだったユーミンはクラスでも人気が高かった。

同じ年の「パール・ピアス・ツアー」は地元の町でも行われた。

確か数名のクラスメイトは、いい席を確保すべくプレイガイドに徹夜で並んだはずだ。

でも当時の僕らには、ちょっと背伸びした音楽だったかもしれない。

 

今年の夏はどんな感じになるんだろう?

これから先、どんな事が待っているんだろう?

初夏は今でもあの頃の様に、ワクワクするような感じがする季節なのだ。

 

フェリー乗り場には、フェリーが出発する直前に到着したようだった。

歩行者が数名搭乗した後に、自転車と共に乗り込む。

自転車は自分だけ。

他はオートバイが1台、自動車は5台だけだった。

自転車を係員に預け、デッキまで駆け上がった。

デッキの上はもう夏がやってきたように暑かった。

 

フェリー乗り場があるこの小さな港町に、とても美しい橋がある。

今回のツーリングの目的の一つに、この美しい橋を眺め、走る事があった。

フェリーが出発間際だったため橋を渡る事は出来なかったが、美しい橋は今、目の前にある。

出発を告げる女性のアナウンスが響く。

フェリーがゆっくりと動き出し、やがて美しい橋は遠くになってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜風が涼しくなる頃は/かなしい子供に戻るから/つれて行って遊園地

ネオンも星座も色褪せて/バターの香りが流れ来る/たそがれの遊園地

ああこのまま時間を忘れて/世界を舞い跳ぶビームになりたい

大人になったら宿題は/なくなるものだと思ってた/いかないで夏休み

ああしばらく孤独を感じて/都会を見下ろすカイトになりたい

思い出を駆けぬける/様々なイルミネーション/包んで今夜だけ

 

松任谷由実 / ようこそ輝く時間へ

 

 

 

 

初夏のツーリングの画像

 

初夏のツーリングの画像