読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の訪れ

とても暖かな週末。

自転車で出掛けると、いろんなところで春を見かける事が出来た。

道端や家の玄関先、様々な色の花が咲いている。

いつも使っている道の木蓮も花を付け始めていた。

ここの木蓮は大振りでたくさんの花を付け、道向かいの桜の木の開花と重なる時期があり、毎年楽しみにしている場所である。

お城の桜も咲き始めていた。

風がとても心地よい。

  

街のはずれの/背のびした路次を/散歩してたら

汚点だらけの/靄ごしに

起きぬけの路面電車が/海を渡るのが/見えたんです

それで/ぼくも

風をあつめて/風をあつめて

蒼空を翔けたいんです

蒼空を

はっぴいえんど/風をあつめて

春の訪れの画像

春の訪れの画像

春の訪れの画像