読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木枯らしのダイアリー

日記

年が押してきてから今年のカレンダーをめくった。

数少ない江口氏の仕事、めくる楽しみを残したかったので中身は見てなかった。

 

(ほほう、1月はワインを胸元で抱いているんだ・・・。)

しげしげとカレンダーを眺める。

(この女性は帰りの遅い男性を待ってるんだな。でもそんなに抱いていたらワインが温かくなってしまう。寒い外から帰ってきたんだ。たぶん男性が帰ってきたらホットワインを作ってあげるんだろう・・・。)

一枚のイラストから妄想がひろがる。

数少ない江口氏の仕事、堪能せねばならぬ。(笑)

 

ちょっと時間が出来たので、部屋で録画していたテレビの番組を見た。

普段あまりテレビは見ないが、何本かの番組はハードディスクに収めて時間がある時に見るようにしている。

その中のひとつ「久米書店」。

話題の本の作者を迎え、久米宏壇蜜の3人で話すトーク番組。

今日の一冊は、

 

なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか

 

いろいろと本の内容について3人が話している。

「ハゲ」がクール?

当たり前ではないか!

 

先日年の瀬に同級生の飲み会に参加した。

毎年行われているが、私は10年ぶりに参加(なんとなく10年経っていただけの事だが・・・)

久しぶりに会った事で容姿の話題になる。

私もそれなりに年を重ね、髪の毛も薄くなってきた。

そんな時、男友達は決まって喜んでからかってくる。(あれは何だろう?自分は若いって思える瞬間なんだろうか?)

年齢的にも自然な事だし、私は気にしない。

ネガティブになるような事ではないか!

髪の毛の事が話題に上がると私は決まって自分の持論を持ち出す。

「巨匠と言われるような人はみんなハゲではないか!いや、巨匠と呼ばれる為にはハゲなければならない!私も早くハゲたいくらい・・・」といつも言うのだ。

 

今年もポジティブに生きていこうと思う。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝窓を開けたら息が白くなった/あなたのいないはじめての冬が空を覆った/眠っているあいだに

電車を乗り越して/休みにしてしまった/オーバーを着て/一日きままに街を歩く/思い出と腕をくみ

火よう日/曇り/午後のデパート/消えそうな西日

ねえ元気でいるの/変わってゆくの/悲しくてすすめなくなるの

木枯らしよめくってダイアリー

 

松任谷由実/木枯らしのダイアリー

 

 

 

 

木枯らしのダイアリーの画像