年の瀬

流石に12月も末になると自転車も寒い。

車に載せて、気持ちいいところだけ自転車で走る事にする。

球磨川沿いの旧道を人吉まで向かう。

途中でお店を見つけ、温かい飲み物をいただいた。

お店の方が店先で魚を塩焼きされている。

近づいてみるとアユだった。

まるまると太った落ちアユ。

50本ぐらい串に刺して焼かれているだろうか?

「何かあるんですか?」と聞いてみたら、今日自分の家で食べる分を焼いているだけとの事。

今年は雨が多く川に竿があまり入らなかったので、大きいサイズがよく取れたそうです。

「もう少し待ったら焼け上がるので、食べていきます?」って言っていただいたが、お礼だけ言って先を急ぐことにした。

ちょっと後ろ髪を引かれる。

遠慮することなく、いただくべきだったか?

2時間ぐらいかけて人吉に到着。

おそばをいただき、Uターンし今来た道を戻る。

気温は低くないが、風が強い。

陽が当たらない場所は寒い。

道路の上で枯葉が舞っている。

先ほど休憩した場所を通ると手招きされた。

今度は遠慮することなく、ありがたく頂戴しました。

時間をかけて焼き上げた魚は、骨ごと食べられた。

「それは当たりだよ。メスみたいだね。腹に卵が入っているはず。」

おお!確かに卵が入っている!

美味しい!

昔は球磨川に潜るとたくさんのアユがいたらしい。。

鮎の群れに向けて石を投げると、魚が浮かんでくるくらいたくさんのアユがいたそうだ。

ごちそうさまでした。

年の瀬の画像

年の瀬の画像

年の瀬の画像