読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a piacere

観客は30人ぐらいだろうか?

普段は料理とお酒を楽しめるお店のようだ。

向かって左側にコントラバス奏者。

右側のアコーディオン奏者は、背の高い椅子に腰掛けている。

時折アコーディオン奏者が上半身をのけぞらせる。

右足のつけ根を起点として、左足の太ももの上にアコーディオンの蛇腹が大きく広げられる。

その度に現れる鮮やかな赤にハッとさせられた。

独特な世界観。

デカダンスも感じさせるが、その中には強い希望を感じさせた。

太陽をたくさん浴びたレモンの香り。

ウォールナッツの匂い。

乾いた潮の香り。

コントラバスアコーディオンというシンプルな構成ながら、まるでフルオーケストラの様な音の広がりと、様々なフレーバーを感じさせる珠玉の音楽。

今回6年ぶりに、町の片隅でひっそりと行われたライブに参加しました。

mama!milk

a piacereの画像