読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏の夕べ

梅雨が終わった途端に、猛暑がやって来る。

まったく、焼けたアスファルトの上を歩いていると、頭がクラクラしてくる。

夕刻から始まるライブに向けて、川沿いの道を自転車で急いだ。

道は影が差していて、思ったより気持ちいい。

駐輪場に着いた途端に、汗が吹き出してくる。

手で汗を拭いながら、会場へと急いだ。

雑居ビルの屋上は、エアコンディショナーが運んでくる冷たい空気のお蔭で、快適に過ごせそうだ。

立て続けに、ジントニックとカシスオレンジを飲んだ。

やがてライブも始まり、西藤ヒロノブがギターを弾く。

夏の暑さが心地よくなるくらい気持ちいい音楽。

「雨上がりの公園の匂い」

形容するならそんな感じ。

とても気分がいい。

そのまま帰ってしまうのがもったいない。

ライブ会場を後にして、日本語に訳すると「前衛」という名の、BARのドアを開いた。

夏の夕べの画像