読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州横断鉄道

輪行で別府まで向かったが、思った以上に乗客が多い。

乗車率120%と言ったとこか・・・。 

輪行バックに入れているとはいえ、中身は自転車。

乗車率が高い時は、他の人からするとやはり邪魔な存在。

指定席券が使える駅までは、車両の後ろで自転車を抱くようにして立っていた。

さて、大分といえば、とり天。

駅前のお店は観光化されており、庶民的な感じがする商店街まで移動して食した。

お店のおばちゃんはおしゃべりしながら、たくさんのから揚げを作ってくれた。

とり天の特徴は、唐揚げ自体は薄味で天つゆにつけて食べること。

付け合わせのレタスにマヨネーズが付いていて、とても美味しい。

昼間は別府湾を、潮の香りを感じながら自転車で走った。

夜は繁華街にある昭和チックな居酒屋で酔っぱらって、ビーチの堤防に横たわって酔いを醒ました。

夜風がとても気持ち良い。

と、この世の天国と感じたのはその日まで…。

翌日はいくつもの山を越えた。

やまなみハイウェイを通って、それはとてもたくさん。

でも楽しく感じるのは、何なんだろう?

九州横断鉄道の画像

九州横断鉄道の画像

九州横断鉄道の画像