読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久住へ

ザクッ!ザクッ!ザクッ!

落ち葉が幾重にも積み重なった道を歩く。

久住山で今年の初雪が確認されました。去年より10日程早いようです。」

先日ラジオを聞いていたら、そう話していた。

終末を待たずして、山に出掛ける。

朝早く目覚め、車の外に出て山を見上げると頂付近は白く色付いていた。

60L以上の容量を持つザックを満載にし、靴紐を強く結び歩き始める。

森の中では、広葉樹はそのほとんどの葉を落とし、冬に備えていた。

所々に雪が残っている。

登るにつれ、道は葉っぱから雪へと変わる。

ザックッ!ザックッ!

ズズッ!ズズッ!

キシュッ!キシュッ!

キュッ!キュッ!

いるんな音が聞こえてきた。

森の中を2時間ほどかけて散策し、キャンプ場に着いた。

先程すれ違った方から「昨日は3張りあった」とは聞いてはいたが・・・。

今日は誰もいなかった。

「今日は貸切?」

草木も眠る丑三つ時、凍りついたテントから外の草原に出てみた。

風は無くとても静かだ。 

見上げると満天の星空。

昼間は深い緑色していた山々は今は黒色と変わり、とても近くに感じる。

こちらに向かって来るような迫力だ。

草原の真ん中に立って、360度見渡してみる。

遠くに山小屋の灯りが見えるだけで、それ以外に人工的なものは何も見当たらない。

無数の星たちががわずかに辺りを照らしてくれている。

凍てつく様な寒さだけど、風は無く穏やかな夜だった。

久住への画像

久住への画像

久住への画像