読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏が来た。

午前6時30分、長者原から歩き出す。

朝日を浴びる三俣山を左手に、少しづつ標高を稼いで行く。

くじゅう連山の中でも一番好きな山の一つ。

この山は登るよりも、眺めているのが好きな山。

存在感があって抱かれる感じがする。

今日はどの頂にも登らない。

先日中岳の下りの際に転んだ場所までいく。

不安定見える岩肌にハシゴが掛けてある。

ハシゴを下りてすぐの地面に、トレッキングポールの先端の部品が突き刺さっていた。

どうやらここで転んだらしい。

2回転したように感じていたが、その先で道は大きく曲がっていた。

もう1回転していたら、道から反れた体はさらに宙を舞って大怪我していただろう。

元の場所まで引き戻そうとするが、足がすくんでしまう。

雨が続いたせいか、浮石が多い。

登りはじめに見た小さな雲を再び見たら大きな塊になっていた。

これから法華院温泉まで白口谷コースを使って下りる。

初めてのルートは不安や緊張が増す。

途中ですれ違った人から一部崩壊した場所があり、迂回ルートの指示あると教えてもらった。

迂回ルートに出る前にも、通行に注意しなければならないような場所がある。

どうもこのコースは崩壊の一途をたどっているようで、あまり使われていないようだ。

途中で大きな崖崩れが起きた場所に出くわした。

どうやらここで迂回するようだ。

ルートから外れ、沢まで下りて行くが、ここまで崖崩れの際の大きな岩が転がってきてる。

岩から岩へ移動するが、両手を広げた位の大きな岩が動いたりする。

もしこんな大きな石が動き出したら、一溜まりもない。

気持ちを張り詰めて少しづつ下っていった。

1時間位の区間だったが、気持ちも体もグッタリ・・・。

沢の冷たい水に頭を浸けて、緊張を解いてやった。

今日の法華院温泉も貸し切り状態だった。

湯船から上がり、外のデッキで伸びをする。

目の前には坊ガツルの大きな湿地帯が広がっている。

さっきまでの緊張感からすっかり開放されて気持ちがいい。

デッキで太陽の光を浴びながら、素っ裸で太陽礼拝を行なった。

可笑しいと思いながらも、そうしたくなる気分。(笑)

夏が来た。の画像

夏が来た。の画像

夏が来た。の画像