読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天然水の森

午前7時30分。

登山口の駐車場に車を止めてドアを開けると、辺り一面野鳥の声が響きわたっていた。

自宅から1時間位のところに、こんな場所がある事が驚き。

今朝はちょっとだけ肌寒く、空気が澄んでいて気持ちがいい。

今回は縦走の予定。

登山口から最初のピークまでは5分で着いてしまった。

尾根をつたい、後2つのピークを目指す。

片道3時間ぐらい・・・、ゆっくり歩いていこうと思う。

よく整備された遊歩道を進み、2つ目のピークに到着。

ここから2時間弱、初めて歩く道はどのようになっているのか?

なだらかな尾根を想像していたが、予想に反してアップダウンがきつい。

一気に上っては、一気に下がる。

いったい何度繰り返しただろう?

まるでジェットコースの様な登山道

最後のピークが近くに見え始めた頃、奈落の底に落ちる様な下りが見えた。

あぁ・・・ここをまた戻ってこなきゃいけない・・・

そう思ったらなんだかどうでもよくなってきて戻る事にした。

最初のピーク近くまで戻ってきて、「天然水の森」と書かれた方向へと進む。

どうやらこの道はサントリーが管理しているようだ。

驚いたのは道に敷き詰められたウッドチップ

木の香りがとてもする。

フィットンチッド効果も期待出来るだろうか?

歩く感じも心地よい。

これだと雨の翌日にスニーカーを履いて歩いても、快適に過ごせるだろう。

それにしてもこのチップ、どこまで続いているのだろう?

この森の中には水も流れていて、地面から水がしみだすところや、水の流れが地中にもぐる(伏流)を確認する事が出来る。

天然水の森」では林野庁の「法人の森林」制度のもと、豊かな森づくりをすすめているとの事。

契約期間は2003年から60年。

果たして2063年の地球はどうなっているんだろう・・・?

サントリー「天然水の森」

天然水の森の画像

天然水の森の画像

天然水の森の画像