読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサブランカ

日記

早起きして「午前十時の映画祭」に出掛ける。

私の町での初回上映は「カサブランカ」。

上映10分前に到着。

あら、午前十時だけではなくて、その後も2回上映されるんだ。

年配の人が多いと思っていたが、意外と若い人も多い。

カサブランカ」は日本では1946年に初回公開された、モノクロ作品。

かなり昔の映画なのに、オリジナルニュープリントが使用されているため、雨が降るようなことがなく画面がきれいだ。

ハンフリー・ボガートの数々の名セリフが有名だが、ちゃんと観るのは初めて。

なるほど、男のダンディズムが貫かれています。

なんだか沢田研二が昔歌っていた曲のセリフを思い出した・・・。

それにしてもイングリッド・バーグマンの美しいこと。

会場を後にする時に、館長らしき人から声を掛けられた。

今回の試みがどのように思われているか、直接観客に聞いて意見を集められているご様子。

まだみんながもっと映画館に行っていた頃は、旧作ばっかりを上映する映画館があった。

シネコンが増えていった事や、時代の流れでそれがいつの間にかひとつ消え、またひとつ消えて、街中の映画館がほとんどなくなった。

今回の試みが映画界にプラスとなり、また映画館が人であふれる事につながればいいと思う。

カサブランカの画像