読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋の夜長には・・・

日記

私は予備知識を持たぬまま映画を観ることが多い。

むしろ内容を知ってしまったらその時点で興味を失ってしまう。

映画館の前でポスターを見てイメージして、その通りだとうれしいし、想像と違ったりするとそれもそれで楽しい。

最近では「おくりびと」が心に染み入るいい映画だった。

本木雅弘が演じる納棺師の所作がとても美しかった。

モックンもいい役者になったなぁと思っていたら、友だちからライブのお誘いがあった。

内田也哉子・・・??

モックンの奥さん?

樹木希林の娘?

sighboatというプロジェクトらしい。

ベーシストは私の好きな鈴木正人だったので参加することにした。

遅い時間に始まった雑居ビルの屋上での屋外ライブ。

秋の風が気持ちいい。

彼女の歌声はおだやかで、たおやかで気持ちがよかった。

予備知識が無いからこそ楽しめることもたくさんある。

秋の夜長には・・・の画像