読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは本当に「反日映画」なのか?

日記

映画「靖国」を観てきた。

平日の午前中だというのに館内は多くの人で溢れていた。

この映画館でこんなに人がいるのをはじめて見た。

席に座り辺りを見回すと自分より年上と思われる人が多い。

いや、自分より若い人は皆無だったと思う。

戦争体験者と思われる人も多い。

空調があまり効いていないのか、館内が暑い。

時間が経つにつれて気分が悪くなってきた。

時々観るのが辛いシーンもあった。

隣の御夫人がしきりに首を横に振られている。

内容はドキュメンタリーで、撮られたものがそのまま映像なっている感じ。

ただ固定カメラよる撮影ではないのでブレが多く、映像酔いを伴った。

靖国神社には様々な事情と思想がある。

1+1は必ずしも2ではないと感じた映画だった。

これは本当に「反日映画」なのか?の画像