読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷の世界

日記

久しぶりの登山。

昨日降っていた雨が気がかりだった。

登山口に着いた頃は深い霧で辺り一面ミルク色。

いろんなルートを考えていたが、用心の為以前登ったルートで行く。

とても寒い。

とても風が強い。

霧が深くて何も見えない。

最初の展望台で途方に暮れていると、風が吹いて一気に視界が広がる。

樹氷・・・?

もう寒いなんて言ってられない。

なんだかとてもうれしくなってきた。

凍りついた森の中を歩く。

凍りついた枝が風に吹かれて、カラカラと鳴いている。

樹氷がはじけて頬にあたる。

もう気分は「赤毛のアン」のアン・シャーリー(笑)。

地球温暖化なんて信じたくない、とても不思議な体験でした。

氷の世界の画像