読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風の吹き抜ける高原にて

阿蘇にやってきた。

連日耐え切れぬ猛暑が続いているが、こちらは別世界。

気持ちいい風が吹いている。

とても涼しい。

Tシャツ一枚ではちょっと肌寒いくらい。

1泊2日のオペラの強化合宿。

初日は廃校になった小学校を改築した施設を利用させてもらった。

大きな木陰の下で歌ったら気持ちよさそう。

施設の畳敷きの大きな部屋はあまり利用されていない感じだが、手入れは行き届いていた。

全ての窓を開け放ち練習開始。

ああ、なんて気持ちいい。

こんな気持ちいい風はほんとに久しぶり。

発声練習の時点で、声と一緒に体内の不純物も吐き出されていく。

ああ、なんて気持ちいいんだ。

風が歌を遠くまで運んでくれている。

翌早朝はみんなで近くの幣立神社へ、本番までの安全を祈願しに行く。

鎮守の森って言葉が似合うトトロが住んでそうなお宮でした。

なんだかいい事ありそうです。

今日は近くの中学校の体育館を借りて練習。

だだっ広い空間の窓を開け放ち新鮮な風を入れてやる。

今日もいい風が吹いている。

外では小学生が野球の試合をやっている。

各パートの細かい部分までしっかり練習。

先日まで半分ぐらいがちんぷんかんだったけど、今は気持ちよく歌わせてもらってます。

午後からは体育館の舞台を利用して立ち稽古を行なった。

入り口から子ども達がこちらを見てる。

訳の解らぬ歌を唄いながら動き回っている大人の集団は、子ども達にはどう映ったのだろう?

風の吹き抜ける高原にての画像