読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだ買ってなかった物。

スティーヴィー・ワンダーの10年ぶりとなる新作。

去年の10月位にリリースされたかな?

買う前に試聴したら、なんだか先が見えた気がしてそのまま棚に戻した。

その後、あちこちで今回のは傑作との噂を耳にする。

はたしてそうだろうか?

70年代の神懸りなスティーヴィーが現代に現れる筈がないではないか?

前作の時もなんだか評判良くはなかったかい?

そして改めて試聴。

やっぱりビミョウ?

でもね、前作がリリースされてから、ずっと楽しみにしてたじゃない。

先日やっと買ったスティーヴィーの新譜。

まだ聴き足りませんが、すばらしい出来です。

今まで躊躇させていたものはなんだったんだろう?

最近の作品のように、1・2曲はいいんだけど、その他はねぇ・・・。

といった迷いがここにはありません。

なんだかとても開放的。

あと何か付け加えるとすれば・・・。

それにしてもIsn't she lovelyの赤ちゃんの泣き声が、アイシャの声ではなかったというのは驚き。

そのアイシャも30歳だし!

Songs in the Key of Lifeから30年なんだ・・・。

去年の5月に赤ちゃんが生まれていたのも驚き!

えっ!現在8人の子どもと、1人の孫がいるの・・・( ̄□ ̄;)!!

やっぱりスティーヴィーの曲の素晴らしさって、神秘さにあるって思う今日この頃。。

まだ買ってなかった物。の画像